読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOWAMUSHICHEDARU

四国遍路→本州縦断→今はワーホリ準備中→NZへワーホリ→世界一周への旅路を写真で語ります雑多に。

MENU

本州縦断30日目(東京→香川):一日の半分

本州縦断

f:id:maronours:20161030232453j:image

冷たい

昨日は遅くまで誕生日会をしてました。

私が遅かったせいでやけど。

でもみんな楽しそうだった。

 

起こしたのに二番目に寝たのも私です。

でも楽しかった。

 

誕生日だったみきは今日、早く起きて帰る予定だった。

そして私も早く出るから起こしてあげる!て約束して昨日は寝ました。

じゃあ「6時ね!」

 

ここで一旦登場人物を紹介します。

※今さら

-登場人物-

①いずみさき(左)

f:id:maronours:20161030223355j:image

 泊めてくれた子、大学の時の友達

出身高知県

②いずみまどか(右)

いずみさきのいとこ、出身高知県 

③みき

f:id:maronours:20161030223615j:image

大学の時の友達 出身徳島

 ④ゆかぴ

f:id:maronours:20161030223844j:image

右から2番目、この中にはいないけど大学の時の友達の友達 出身高知

⑤とんぼちゃん

上の写真の左端、いずみさきの姑的存在

 

 

-今朝-

ゆかぴ「おはよ〜」

時刻は7時。

 

最近目覚ましせずに起きる習慣のせいで、しかも4時くらいにいつも起きれてたから目覚ましせずに寝てしまってました。

 

そう!得意の無責任な口約束をしてしまい寝坊しました。

 

出発するため、急いで準備。

 

昨日の夜にいずみさきがきったない私の服を洗ってくれ乾燥もしてくれるってことでお願いしてました。

 

それを取り入れに洗濯機を開けました。

いずみさき「出来てたが?!」

※高知の女は何年東京に居ても高知弁

 

私「冷たい。。」

 

乾燥が上手く出来てなく乾燥を開始。

やむなくみきはすっごい急いで電車で帰りました。ごめんなさい。

 

朝の始まり

朝の始まりは富士山の撮影と同じです。

富士山の時はおっちゃん達がコーヒーを入れてくれてましたが今日はさきちゃんが入れてくれました。

f:id:maronours:20161030225739j:image

 

やけに美味しい。

ゆかぴーと感動してました。

なぜ美味しいかいずみさきにたずねると

「りすのフンが入ってるがって」

 

なるほどやけに美味しいわけだ。

とゆかぴと納得しました。

f:id:maronours:20161030230124j:image

 

そして一昨日の鍋にラーメンを入れて朝食。

ゆかぴはバス釣りへ。

 

とんぼちゃんとまどかが起きて来ます。

そして乾燥が終わり私は出発しました。

時刻は8:40

f:id:maronours:20161030230250j:image

 

ヘタレ

今日は東京から大阪へ下道で行く予定。

都心なんて通るもんか!と思っていましたが渋谷とかを通りながら進みます。

 

都会は同じ道なのに二手に分かれていることがあり、私を混乱させます。

f:id:maronours:20161030230448j:image

この時は右に行き、正解でした。

 

そして都会を抜け運転し続けること4時間。

やっと静岡へ到着。12時。

 そこから運転し続けること2時間

富士山の麓付近へ。14時。

 

大阪まであと300キロ以上

 

出発する前から今日はどこかで高速を使うと思ってました。

しかし、よく考えると少しだけ高速を使って行くより、一気に使って家に帰った方が良いのではと思いました。

理由は二つ

①カメラのsdカードが一杯

②休日割引あり

 

即、高速を使って家(香川)に帰ることに。f:id:maronours:20161030231110j:image

 f:id:maronours:20161030231129j:image

夕日が見れました。

こんな日に限って焼ける空。

ひたすら走ります。

f:id:maronours:20161030231151j:image

 

そして出発から12時間、夜20:42到着。

途中ナビが道を見失うトラブルがありましたが

f:id:maronours:20161030231537j:image

休憩二回。

愛知県岡崎てとこから休憩なし。

 530キロちょいくらい

東京から香川へ一日で帰れます。

 

今日で本州縦断おしまい。

明日からは九州へ

と言うわけで今日は家に帰っています。

では、